So-net無料ブログ作成
循環器科 ブログトップ
前の3件 | -

抗不整脈薬(QT延長) [循環器科]




今後はこちらがメインになっていきます
遊びに来てください

https://mibyou-pharmacist.com

高齢者がどんどん増える日本。胸がドキドキする人も多い

今回は服薬指導で役立ちそうな小ネタをまとめます。

抗不整脈薬のQT延長について

①QT延長を起こすものは?

→単純に言うと「Kチャネルを遮断するもの」です
Vaughan Williams分類だと大体
  
Ⅰa群、Ⅲ群、Ⅳ型にあたります

➁QT延長について小ネタ

先天的にQT延長の原因であるチャネル遺伝子異常の方が何%かいる。
必ずしも薬剤性ではない 。しかし数はとても少ない

→どんな人がQT延長になりやすいのか

→高齢者、女性、低カリウム血漿、低マグネシウム血漿の人など

③おまけ

・ベプリジル(ベプリコール)について
 
Ⅳ型はKチャネルを遮断しないものもありますが、最近時々みる処方では
ベプリジル(ベプリコール)はQT延長注意。
血中濃度が定常状態に到達するまで時間がかかる
消失半減期は80時間。半減期×5でだいたい16日くらいで定常状態
添付文書にも平均14日の記載あり。
定常状態になるまでに副作用モニタリングをする必要がある

・ピルジカイニド(サンリズム)について
半減期が短く、線形の薬剤
半減期が短いので抜けるのも早い
腎排泄であるので高齢者に注意すること。他の抗不整脈よりは透析性がある(30%)

今後はこちらがメインになります
よければ遊びに来てください

https://mibyou-pharmacist.com

↓応援
人気ブログランキングしていただける方クリックお願いします


スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

脳梗塞とうつ病の関係について [循環器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


脳梗塞とうつ病には関連するという報告がいくつか存在する

・脳梗塞で亡くなる人は、うつ病の人が多い

・脳梗塞後にうつ病を発症する人は30~50%
また、脳梗塞後3~6ヶ月ぐらいが発症のピークである

・うつ病患者は、すべての脳卒中リスクの45%上昇、
死に至る致死性脳卒中リスクの55%上昇、
脳梗塞など虚血性脳卒中リスクの25%上昇
とそれぞれ関連している。

一方、うつ病と脳出血など出血性脳卒中との間には
関連は認められなかった。

・うつ病患者10万人当たり106人で
脳卒中発症するというデータもある

つまり、

薬局業務においてもうつ病を併発している高齢者では
脳梗塞のリスクがあること念頭に置いて
服薬指導する必要がある

また、うつ病ではない高齢者の脳梗塞後ケアも大切だろう

関連記事

うつ病患者と睡眠障害の合併割合

参考文献

岩崎也生子, 脳卒中後のうつー脳卒中とともにうつ症状を患う場合の作業療法 特集 連続特集Part2 新たな障害としての"うつ"を背負った方に, 臨床作業療法, Vol14, No.2, 2017

Depression and risk of stroke morbidity and mortality: a meta-analysis and systematic review.
Pan A1, Sun Q, Okereke OI, Rexrode KM, Hu FB.

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 

拡張期血圧(下の血圧)が低い人の特徴?考えること(小ネタ) [循環器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

年齢と共に収縮期血圧(上の血圧)が上がることは知られている

また、一定の人で「拡張期血圧」が低い人がいる

例えば、収縮期血圧が普通で拡張期血圧が低い人

拡張期血圧は、冠動脈に血流が流れる時である

拡張期血圧が低いことが原因で、狭心症を訴える人が増える
(自覚症状として出るらしい)

また、拡張期血圧が低いということは
動脈硬化が進んでいる可能性があるのだ

血管が硬くなることで脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険因子だと言われている

→場合によっては、超音波検査やエコーで診てもらうよう受診を勧めてもいいかもしれない

最近では、薬局業務でも効果を確認したり、副作用の有無をチェックする必要がある
ただ、拡張期血圧が低い時は、もしかしたら血管が硬くなってないかな?
と意識したり、情報として確認しておいてはどうだろう

補足

・収縮期血圧

心臓から大動脈へ血液を送り出すとき
心臓は収縮して血液によって、血管壁に圧力がかかる
このときの血圧のこと
例えば、大動脈に弾力性が少ないと血圧は上がる(高齢者とか)

・拡張期血圧

血液が心臓に戻ってくるとき、心臓は膨らむ
そのとき、大動脈血液量が減ることで血管壁にかかる圧が下がる
このときの血圧のこと

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

関連記事
インスリンと高血圧について

インスリンと動脈硬化について

↓応援していただける方クリックお願いします!励みになります

人気ブログランキング



スポンサードリンク








nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | - 循環器科 ブログトップ