So-net無料ブログ作成
認知症 ブログトップ

認知症と加齢による物忘れ(ボケ)の違い [認知症]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



よく患者さんの家族から聞かれるので整理

・認知症

生活に支障がある
時間や場所が分からなくなる
記憶全体がダメになる
自覚なし
認知症の人は、症状を訴えたりがない

・加齢による物忘れ(ボケ)

生活に支障はない
記憶の一部が失われる感じ
自覚あり
ボケの人は、症状を軽く言ったり、否認したりする
うつを持っている高齢者は、
気分が落ち込んだりがあるが自覚あり

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

関連記事

ビタミンB1と認知症

認知症のタイプと空間認識の違い

MCIと薬局でできること

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

認知症のタイプと空間認識(クロッキーテスト)の違いについて [認知症]




認知症のタイプによって空間認識に差があるのでまとめる

①空間認識とは?

3次元のことを認識すること。三次元の物事を見渡せること
(認知症の方は、トイレの場所が分からなくなったりする)

アルツハイマー型認知症 → 空間認識 ×
(割と初期から現れる)

レビー小体認知症 → 空間認識 × 
(現れることあり)

脳血管性認知症 → 空間認識 ○



タイプによって違う

②空間認識の確認方法の1つ
クロッキーテスト

白紙の時計に時間を書いてもらう

方法
白い紙に円を描く
時計の文字(数字)を書く
10時10分の針を描く



数字が等間隔にならない
短針、長針が分からない
数字が多い
軽度でも「分」が書けなかったりする



認知症かな?と感じてしまうことは薬局
(本人の言動や家族の情報より)



本人を傷つけることが少ない方法なので
知っておくといいだろう

関連記事

認知症と加齢による物忘れの違い

ビタミンB1と認知症について

MCIと薬局で出来ること

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

認知症と睡眠障害(夜間不穏)をざっくり整理 [認知症]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


認知症の患者の睡眠障害は介護者の負担になりやすい

ざっくり特徴をまとめる

①アルツハイマー型認知書の場合

睡眠障害が中期以降に増える

ペプチド神経物質であるオレキシン濃度が高くなっており、眠りにくい


オレキシンは覚醒レベルを高める役割をもっている
覚醒状態を維持しており睡眠-覚醒サイクルの調節に寄与している

②レビー小体型認知症

レム睡眠異常(寝言、寝ぼけ)などが有名

③脳血管型認知症

睡眠障害とせん妄を伴いやすい



なので、せん妄を誘発しにくい薬剤を用いる


スポレキサント(ベルソムラ[レジスタードトレードマーク])、エスゾピクロン(ルネスタ[レジスタードトレードマーク])、ゾルピデム(マイスリー[レジスタードトレードマーク])


行動障害が著しい時は、夕食後から夜間に
抑肝散やクエチアピン(セロクエル[レジスタードトレードマーク])を用いる


ドネぺジル(アリセプト[レジスタードトレードマーク])は不眠を起こすことがあるので、
逆に朝食後に服用して起こしておくというのも1つの手

昼間はしっかり起こすことが大切

参考文献
Claudio Liguori etc ,: JAMA NEUROLOGY 2013,10,13電子版


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

健康と医療ランキング



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0) 
認知症 ブログトップ