So-net無料ブログ作成
抗菌薬 ブログトップ

静菌作用と殺菌作用の違い [抗菌薬]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


殺菌作用bactericidal action

抗菌薬によって細菌の増殖を抑制するだけでなく、死滅させる作用
つまり、体内で生菌数を減少させる

例:ペニシリン、アミノグリコシド、バンコマイシン、ニューキノロンなど

静菌作用bacteriostatic action

細菌を殺さずに増殖を抑制することを静菌という
細菌は、増量を抑えているのみなので薬をやめると再度増殖する

例:マクロライド、テトラサイクリン、サルファ剤

補足

ざっくり理解の仕方(もちろん例外あり!)

細胞壁に作用するもの

→殺菌作用のものが多い

タンパク合成に関与するもの

→静菌作用が多い

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします


人気ブログランキング

スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
抗菌薬 ブログトップ